【はたらく人々】酔酒(よいさ)・『姫路市飾磨区清水』姫路で坊勢島の魚を食べれる店

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

 姫路市飾磨区清水にある、『酔酒(よいさ)』

姫路で前採れ地魚地鳥を食べれるお店となっています。

観光で姫路にお越しの方も、是非お立ち寄りください。

酔酒(よいさ)

〒672-8051  姫路市飾磨区清水SⅢビル159       TEL:079-234-3413

営業時間:平日17:0024:00

     金・土・祝前日17:0025:00

             定休日:水曜日

飲み放題つきコース:4000円~

お刺身五種盛り:1580

紹介記事:http://web-ouen.com/hyogo/?p=1913

【はたらく人々】ペンション青井(家島諸島・男鹿島)宿泊から食事・漁業体験(要予約)まで

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

ペンション青井

〒672-0101  姫路市家島町男鹿青井の浜       TEL:079-325-2094

宿泊料金:10800円     (民宿)8800円

姫路港から坊勢汽船で男鹿島まで35分。

男鹿・立の浜から渡船、または車にて送迎いたします。

観光でお越しの方の食事も対応できますが、

その日に採れる魚によって料金と対応人数も

変動してきますので、お電話で問い合わせてみてください。

web:http://www4.plala.or.jp/aoi-sou/ 

【はたらく人々】みなと旅館(家島諸島・坊勢島)ビジネスから観光まで。旬の魚を食べて眠る。

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

 

みなと旅館

〒672-0103  姫路市家島町坊勢42             TEL:079-326-0114

宿泊料金:8000円(税別 ) 10000円(税別)

12000円(税別)  15000円(税別)

昼食料金:5000円 (税別)  6000円(税別)  7000円(税別)

(平日・土日祝日も同一料金です)

お仕事でお越しの方から、観光でお越しの方まで。

坊勢港から徒歩5分。海水浴場にも歩いていけます。

web:http://www2.memenet.or.jp/minato/index.htm

【はたらく人々】(有)ひょうたんや(家島本島・宮地区)活きた魚や干物が買える島のスーパー。

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

活きた魚や干物が買える島のスーパーマーケット。家島の塩もここで買えます。

(有)ひょうたんや

〒672-0102  姫路市家島町宮1034       TEL079-325-0120

家島諸島・家島本島(宮港から徒歩15分)

営業時間:AM8:00PM9:00まで

定休日:第一・第三・第五日曜日

(それ以外の日曜日は、PM2:00~PM7:00までの営業です)

野菜から果物・干物。お菓子からイケスに泳ぐ鮮魚の販売もしています。

観光でお越しの方も、是非お立ち寄りください。

紹介記事:http://h-ieshima.jp/news/2871

【はたらく人々】坊勢汽船(株)『家島諸島・坊勢島』姫路と坊勢島(男鹿島)を結ぶ定期船。

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

坊勢汽船(株)

〒672-8063   姫路市飾磨区須加294     TEL:079-234-1138

料金:姫路~男鹿島(大人)1050円(子供)530円

         姫路~坊勢   (大人)1100円(子供)550円

         姫路~いえしま自然体験センター(大人)1200円(子供)600円

          自転車を積まれる場合は別途1台につき330円かかります。

   坊勢島へ観光でお越しのさいは、ご利用くださいませ。

web: http://www.bouze-kisen.sakura.ne.jp

【はたらく人々】味恋Ⅱ(家島本島・真浦地区)要予約!!お弁当から、コース料理まで。

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

味恋Ⅱ

〒672-0101 姫路市家島町真浦2425       TEL:079-325-2650

家島諸島・家島本島(真浦港から徒歩3分)

観光でお越しの方も食事をしに、お立ち寄りくださいませ。

要予約!!      定休日:月曜日

昼のコース料理:4200円~

夜のコース料理:5000円〜

【はたらく人々】山崎商店(家島本島・宮地区)島の酒屋さんで、週刊誌やオツマミが調達デキマス

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

山崎商店

〒672-0101 姫路市家島町宮1635   TEL:079-325-1540

家島諸島・家島本島(宮港から徒歩15分くらい)

酒類から缶飲料・おつまみ、お菓子、米、雑誌やギフト商品に至るまで、

色々と取り揃えています。

観光でお越しの方も、お立ち寄りくださいませ。

営業時間:AM8:00PM8:00

定休日:日曜日

【はたらく人々】(有)高福ライナー(家島本島・宮)姫路と家島本島を結ぶ定期船。

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

(有)高福ライナー

〒672-0102  姫路市家島町宮1412-1              TEL:079-325-1970

家島諸島・家島本島(真浦港と宮港から発着)

料金:1000円    子供:500円

姫路港と家島本島・真浦地区と宮地区を結ぶ定期船です。

お電話いただければ、海上タクシーの手配もできます。

家島へ観光でお越しのさいは、ご利用くださいませ。

時刻表は、↓ コチラ。

web:http://h-ieshima.jp/liner.html

【はたらく人々】(有)ヤマニ水産(家島本島・宮地区)家島の天然塩と、塩飴を買って帰ろう。

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

(有)ヤマニ水産

672-01012  姫路市家島町宮1250           TEL:079-325-1673

(有)ヤマニ水産は、家島諸島・西島にある加工場で水産物を作っている、

水産物卸業者です。「ちりめん」等の加工販売をしていますが、

家島の海水から作った「家島の天然塩」などの製造販売もしています。

家島の天然塩は家島港ふれあいプラザや、ひょうたんやでも販売していますので、

観光でお越しの方も、是非お買い上げください。

 web:http://www.geocities.jp/yamani_suisan1987/index.html


【行きかたシリーズ】家島への行きかた(電車&バスでの行きかた偏)

ieshima 2011年3月24日 by ieshima

 はい、どうもこんにちわ。

ホームページ更新担当のイシトコです、もう一度コンニチワ。

さて、今回は!!!

家島へのいきかた(電車&バスでのいきかた偏)

ということで、旅の行き先案内人、いえしまコンシェルジュの中西君に、

詳しく解説してもらうことにいたしましょう。

中西「はい、まずは電車で姫路駅に向かいます」

「着いたら中央出口を通り、改札を出ます」

中西「出てすぐのところが、姫路駅中央口です。

そうしたら、左側に進んで外に出てください」

中西「外から見るとこんな感じです」

中西:「外に出たら、右側に向かって少し進みます」

「すると、南3番と言うバス停が見えますので、そこから

姫路港行きのバスに乗ります。あ!すみません、僕は

用事があるのでこの辺で失礼します」

というわけで、中西君がいなくなったので、

更新担当イシトコが、一人寂しくバスに乗って姫路港へと向かいます。

約30分で姫路港に着きますが、道路の混雑状況によっては40分くらいかかりますので、

余裕を持ってお出かけください。

というわけで着きました。帰りはこの停留所からバスに乗って姫路駅へと向かいます。

というわけで、この建物の中が切符売り場です(一部、別の場所にありますが後で説明します)

いざ、中へ・中へ・中へ!!!

券売機らしき物と、窓口らしき物がそばに見えます。

どうやら、これが高速いえしまの券売機らしいです。

(ちなみに、高速いえしまは、家島本島に向かう定期船です)

おや、何か書いてありますね。

*お客様各位*

こちらは高福ライナーの券売機ではございません。

確認の上、ご購入ください。

だ、そうです。

(高福ライナーは、家島本島に向かう定期船で、船の中で直接切符を買います) 

話を元に戻しましょう。

高速いえしまの券売機の近くには、

坊勢島と男鹿島へと向かう定期船、坊勢汽船の券売機もあります。

西島にある、兵庫県立いえしま自然体験センターにも、この船で向かいます。

(自然体験センターの利用には、事前予約が必要です)

こちらは、時間が経つと、船の写真がスライドショーで流れます。

というわけで、無事に切符を買い終えたら、

あとは、船に乗って家島に渡るだけです。

注意;2011年11月9日から、高福ライナーの乗船場所が、

高速いえしまの乗船場所と同じ場所になっています。ご確認くださいませ。

それでは、今回はこのへんで、サヨウナラ・サヨウナラ!!! 

行きかたシリーズ第2弾は、こちらからどうぞ。