体験情報

【イベント・体験情報】家島諸島体験プログラムツアー「家島しまたび」開催中ですっ!!!!!!!!

ieshima 2014年9月16日 by ieshima

こんにちは、更新担当のイシトコです。

今回は、平成26年度農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金事業の

一環として開催される、家島諸島体験プログラムツアー「家島しまたび」

開催中ですっ!!!!のお知らせなのです。

sshimatabi

主催は家島諸島都市漁村交流推進協議会が、

ツアーの企画実施はJTB西日本姫路支店となっています。

開催期間は9月6日(土)〜12月20日(土)までの、土・日・祝日、

募集人数が最少催行人数に達しない場合は催行中止となります。

詳細は、家島諸島体験プログラムツアーガイド「家島しまたび」

をご参照ください。(ツアーのご予約もこちらから可能です)

sスクリーンショット 2014-09-16 14.30.53

 

sスクリーンショット 2014-09-16 14.31.50

 

sスクリーンショット 2014-09-16 14.36.06

【フォトギャラリー】2014年6月1日・家島本島宮地区(ヒメボタル・舞うpart13)

ieshima 2014年6月2日 by ieshima

2014年6月1日・家島本島宮地区(ヒメボタル・舞うpart13)

家島本島で、毎年5月下旬頃から6月上旬頃に見頃を迎える、ヒメボタル。

例年より多くの数の蛍が飛んでいる今年は、家島神社付近で5月24日頃からその姿が目撃されている。

家島のヒメボタルは、5月の中旬頃から約1ヶ月の間、その姿を見ることができるが、

一番その数が多く見られるのが、5月下旬から6月の上旬。

ただし、雨の日や満月の日、風の強い日などは、その姿をあまり見かけることはできない。

尚、家島のヒメボタルは、午後9時過ぎ頃から、飛び始め、6月7日頃までは、遅ければ深夜12時頃まで、

光を放ち続ける。(7日以降は数が減少するが、午後8時頃から飛び始め、6月中旬まで鑑賞可能)

約1時間の蛍観賞のナイトハイクのガイドの手配を、6月上旬頃まで家島観光事業組合で手配することもできます。

sDSC_1571-Edit

sDSC_1573-Edit

sDSC_1574-Edit

sDSC_1578-Edit

D7000 ULTRON 40mm F2 SLII N Aspherical 

【イベント情報】5月31日(土曜日)一泊二日・家島 島あそびツアー開催のお知らせ

ieshima 2014年5月19日 by ieshima

s家島モニターツアーチラシ (3)

s140512家島モニターツアーチラシ (3)

【はたらく人々】「いえしま案内人」いえしまコンシェルジュ中西(家島本島・宮地区)

ieshima 2013年4月27日 by ieshima

ただ歩くだけでは、わからない「いえしま」の魅力を、

朝日放送「LIFE〜夢のカタチ〜」(2013年5月4日放送)

や神戸新聞などで取り上げられている、

大阪から家島に移住して来た男、中西和也がご案内いたします。

(ガイドの予約、取材の申し込みはmail: nakanishi@ieshima-guesthouse.orgにお問い合わせください)

sDSC_0563-Edit

sDSC_0174-Edit

sDSC_0190-Edit

sDSC_0235-Edit

sDSC_0238-Edit

 

sDSC_0578-Edit

sDSC_0399-Edit

sDSC_0690-Edit

【料金】

1日のガイド:1名様4000円

1時間のガイド:1名様1000円

車でのガイド:車1台1時間あたり4000円。

「いえしま案内人」いえしまコンシェルジュ中西

〒672-0102

姫路市家島町宮109-16

mail:nakanishi@ieshimacon.com

web: http://nakanishieshima.jimdo.com

夏には「無人島カヌー体験」なども実施しています。詳しくはホームページをご覧ください。

sDSC_3856-Edit-Edit

sDSC_3901-Edit

sDSC_3907-Edit

sDSC_3846-Edit

D7000 SIGMA SUPER-WIDE 24mm F2.8

【イベント情報】ゴールデンウィーク・カヌー体験教室in清水の浜(5月3日〜5日)

ieshima 2013年4月27日 by ieshima

家島の海をカヌーで散歩。

姫路市家島B&G海洋センター ゴールデンウィーク・カヌー体験教室

S

主催:姫路市家島B&G海洋センター

開催日:5月3日(金曜日)5月4日(土曜日)5月5日(日曜日)

時間:AM10:00〜12:00   PM13:00〜16:00(1回1時間以内)

内容:家島本島・宮地区、清水の浜にて、1人乗りまたは2人乗りカヌーの試乗体験会。

概ね小学4年生以上で健康な方であれば、どなたでも参加できます。

(1回300円。小中学生150円)

参加方法:電話予約(当日も空きがあれば随時受け付けします)

荒天の場合は中止。各自現地集合。

(下半身hが濡れる場合がありますので着替えが必要です)

申し込み先:姫路市家島B&G海洋センター

 TEL 079-325-1000

sIMG_86962

【島情報】電動アシスト自転車レンタルサービス・旅チャリの貸し出しが家島でも始まってます

ieshima 2012年6月30日 by ieshima

おはようございます、更新担当のイシトコです。

今回は島情報ということで、

つい2日ほど前から、家島観光事業組合にて、貸し出しが始まっている、

電動アシスト自転車レンタルサービス・旅チャリの御紹介です。

家島本島・真浦港を降りてすぐのところに位置する、

ふれあいプラザ内、家島観光事業組合にて、

AM10時からPM16時までの貸し出しとなっています。

料金は1台3時間1200円〜(延長料金ありで最大PM18時まで)となっています。

電動アシスト自転車なので、坂の多い家島の移動も楽ちんです。

乗る時の注意点としては、初速が速いので、

片足乗りは危ないので、ちゃんと両足を地面につけた状態でお乗りください。

今日乗ってみた感想としては、

観光案内所から、家島神社〜清水公園〜宮浦夜泊〜から案内所までの往復で、

ゆっくり行きながらで約1時間。

観光案内所から、〜アイランドハウスいえしま荘〜B&G海洋センター〜

遊歩道〜観光案内所のコースで約1時間半。

今回は、撮影のために

登り坂で止まって撮影とかを繰り返していたので、

バッテリーの消耗も激しかったですが、

坂のきついとこを選んで走っても、

3時間くらいはバッテリーが持つであろうという感じでした。

(3段の切り替えがついていますので、バッテリーが万が一

途中で切れた場合は、案内所まで戻って予備バッテリーと交換してください)

ちなみに、身長139cm以上からの貸し出しとなっています。

問い合わせ先:家島観光事業組合

TEL 079-325-8777

電動アシスト自転車レンタル

1台3時間まで1200円〜。(延長料金ありで最大PM18時まで。)

身長139cmから貸し出し可能です。

AM10時から貸し出し可能です。

(数に限りがありますので、日曜祝日は御予約を推奨しています)

【体験情報】大阪からやって来た家島の観光案内人・いえしまコンシェルジュのご紹介

ieshima 2012年2月11日 by ieshima

お久しぶりの登場ですが、更新担当のイシトコです、こんばんは。

今回は、体験情報ということで、

大阪からやってきた、(自称)家島の観光の案内人、いえしまコンシェルジュこと、

浪速のナルシスト、中西和也君、26歳のご紹介をしたいと思います。

あ、その前に、写真が去年の写真なので現在は、

推定10kgくらい太っていると思われますが、

本人いわく、今年中に腹筋割ってマッチョになる予定みたいです。

(そのうち筋肉 を美しく見せるために、突然スキンへヘッドになってるかもしれません)

まぁ、そんな裏情報はさておいて、

一体誰やねん!!っていう方のためにご説明をさせていただくと、

約二年半前、家島を知り、家島の魅力に惚れ込み、

昨年、大阪から家島に移住してきた、やや怪しげな笑みを放つ26歳、男性です。

今はアルバイトや時折声がかかる、観光ガイドなどをして生計をたてているようなので、

ガイドをして欲しいかたや、興味のあるかたは、問い合わせしてみてあげてください。

ガイド料は、昼食と案内付きで1名4000円。案内だけのプランだと、

1名1000円〜になります。

と、言うわけで、最後に彼のメッセージでしめたいと思います。

「フラッと歩いても、家島のおもしろさは、わかりにくい。

説明があると、いっそう楽しい。だから、僕はガイドをやっているんです」

家島の観光・案内人・いえしまコンシェルジュ

問い合わせは、こちらからどうぞ。

ホームページ:http://nakanishieshima.jimdo.com/

mail: nakanishi@ieshima-guesthouse.org

【体験情報】家島観光案内ガイド・追加情報のお知らせ。

ieshima 2011年6月27日 by ieshima

こんばんは。

トテモ暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

更新担当のイシトコです。

さて、今回は、先日お伝えした、

家島観光案内ガイドさんの、追加情報のお知らせです。

基本時間は1時間で、2名様2000円~

で、島内の名所をガイドさんが案内してくれます。

これまでは、前日までに予約したお客様が、

利用することができたわけですが、

度重なる交渉により、当日の午前中(お昼までに)連絡していただければ、

お昼ごはんを食べた後、午後から、

案内をご利用することができるようになりました。

基本時間は1時間で、利用料金は、2名までは2000円

3名~5名までは2500円10名までは3000円になります。

団体ツアーは最大45名までで、5000円

こちらの場合の問い合わせは、家島観光事業組合のほうに、

電話で問い合わせを頂く形になっています。

家島観光案内ガイド

問い合わせ先は、庄田定弘 TEL&FAX:079-325-1285

もしくは、家島観光事業組合 TEL:079-325-8777

まで、お電話でお問い合わせください。

【イベントリポート】第24回家島観光釣り大会に参加してきました。

ieshima 2011年6月10日 by ieshima

おはようございます。

更新担当のイシトコです。

今回は、イベントリポートということで、

2011年6月5日に家島諸島坊勢島で開催された、

第24回家島観光釣り大会の模様をお伝えしたいと思います。

毎年、坊勢島、男鹿島、家島本島の順番で開催されるこの大会。

今回は坊勢島での開催です。

姫路港から船で坊勢島に渡り、港から歩いて

10分くらいのところにある、海水浴場が受付です。

受付を済ませたら、開会式を終え、簡単な釣り範囲の説明をして、

好きな場所に移動して、いよいよ釣り大会のスタートです。

各自、黙々と仕掛けを準備をする中、

なぜか、メバルを調理している人がいたりしますが、

準備ができたら、釣りスタートです。

釣り時間はAM9時から12時までの3時間。

その時間で釣果を競うのです。

そうこうしているうちに、ハゼが釣れたり、

タバコより小さなフグが釣れたりしながら、

時間は過ぎていきます。

いい感じでガシラが釣れてきたところで、

検量の時間がやってきたので、順番に列に並ぶのです。

全員の検量が終わって、昼ごはんを済ませたら、

1匹の重量が一番重かった人と、

総重量が一番重かった人には、トロフィーと豪華記念品が授与されます。

その他の釣果がよかった人には、豪華記念品と、醤油が手渡され、

記念撮影などをはさみつつ、

島巡りに参加の方も織り交ぜての、他の記念品の抽選をおこないつつ、

ペアーでの無料宿泊券の抽選を終わったら、

閉会式を行い、各自解散となりました。

それでは、来年の6月の第一日曜日に、

今度は家島諸島・男鹿島でお会いしましょう。

島巡りでの参加ももちろん、お待ちしています。

【イベントリポート】家島諸島・西島。天の御柱・コウナイの石ツアーに参加してきました。

ieshima 2011年5月9日 by ieshima

おはようございます。

本日もやらなけれいけないことがイッパイ待っている、

更新担当のイシトコです。

今回は、2011年5月8日(日)に開催された、

家島諸島・西島にある、コウナイの石を見に行くツアー、

『天の御柱・コウナイの石ツアー』に参加してきました。

今回は、割烹旅館志みず、の主催です。

当日は、午前9時半に、家島本島・宮地区から船に乗り、

途中、家島の島々の説明を船の中で受けたあと、

家島諸島・西島に移動です。

天の御柱とは、古事記、日本書紀にでてくるオノゴロ島にある柱のことです。

天の御柱は、コウナイの石、頂上石、長老岩、天の逆矛など多くの呼び名を持つ石です。

西島のコウナイ地区の海抜181mに位置する中央に高さ8m、

周囲約25mの巨石とそれを囲むいくつかの巨石群です。 (参考資料)

そして、頂上を目指し、ただ、ひたすらに坂を登ります。

(ちなみに、平日は砕石場が稼動しているため立ち入りできないのと、

私有地ですので、許可無く立ち入ることは禁止されています)

わりと激しい坂を、汗をかきながら

ずんずんずんと、登りきれば、

目の前に、コウナイの石が見えてきます。

近づくと、こんな感じに巨大です。

裏側から見ると、こんな感じです。

しばしの滞在のあと、

また、長い長い坂を降りて帰ります。

そして、また船に乗り、家島に帰ります。

そして、お昼ごはんを、頂きます。

前菜を頂いたあと、

メインの、穴重をいただきます。

おいしく頂いたあとは、

家島神社でお参りをして、解散しました。

次回の開催は、未定みたいですが、年内には、

もう一回くらいあるかもしれないです。